JA京都中央会ニュース

平成30年度京都府春季花き品評会

2018.04.27

京都府花き生産組合連合会(以下、府花き連)は4月27日、平成30年度京都府春季花き品評会を京都市下京区の梅小路公園で開いた。鉢物・苗物18点、切花・枝物59点の計77点が出品され、最高位となる近畿農政局長賞には片岡逸朗さん(宇治市花き生産組合)のカンパニュラと原田勲さん(向島花き部会)のベゴニアを選んだ。

同品評会は府花き連が府内産花きのPRと生産者の技術向上を目的に毎年開催しているもの。京都府や京都市をはじめ花き関連組織所属の審査員9人が商品性や草勢、鉢とのバランスなど審査項目ごとに審査した。

審査長を務めた京都府農林技術センター農林センター園芸部の藤原敏郎部長は「寒暖差が激しい中、昨年より多くの出品があり、生産者の苦労が伺える出品が数多くあった。入賞された切花類、苗鉢物類はいずれも商品性、草勢に優れ、引き合い強い生産物であった」と講評した。

翌28日には京都市南区の梅小路公園「緑の館」内で出品物の展示が行われ、多くの来場者が色とりどりの花を楽しんだ。

その他の入賞者は次のとおり。

▽京都府知事賞=樹下博治(洛南花き部会)サクランボ、寺内一郎(御牧花き部会)ペチュニア▽京都市長賞=宇津恵造(長岡京市花き生産組合)バラ、山本 則次(JA京都花き部会)宿根バーベナ▽京都市農業振興協議会長賞=今村正喜(宇治市花き生産組合)カラー、畑滋将(大原野花き部会)サフィニア▽京都市花き振興協会長賞=吉川正幸(洛南花き部会)金魚草、岡田浩伸(精華町花き部会)マリーゴールド▽近畿花き振興協会長賞=水主守水夫(宇治市花き生産組合)バラ、草嶋孝行(精華町花き部会)アゲラタム

平成30年度京都府春季花き品評会
観賞する来場者

平成30年度京都府春季花き品評会
片岡逸朗さん(宇治市花き生産組合)のカンパニュラ

平成30年度京都府春季花き品評会
原田勲さん(向島花き部会)のベゴニア