「地元産」にこだわった手打ち十割そば



 愛宕山の北、地蔵山のふもとに位置する右京区嵯峨越畑地域。「にほんの里100選」にも選ばれたこの地域には平安時代に開かれた約800枚もの棚田が広がり、早春から秋にかけては、美しい花々であふれる。この風光明媚な景観を活かして観光農村づくりに取り組むのが、農事組合法人 越畑フレンドパークが運営する都市農村交流施設「越畑フレンドパーク まつばら」だ。
 同店は平成11年に創業。「越畑を盛り上げていきたい」との強い思いで設立された。現在では代表理事を務める大西恒治さんをはじめ14軒、約20人の農家で運営されている。店名の「まつばら」は地名から名づけられた。
 同店では、地元・越畑産のそばを加えた国産のそばを使用し、こだわりの手打ちそばを提供。山奥の立地にも関わらず、連日大きな賑わいをみせる。そのほか、地元産の旬の野菜や果実、各種加工品の販売やそば打ち体験や農作業体験などの体験型レジャーも実施している。数あるメニューの中でも一押しは地元で採れた旬菜を使用した「天ざるそば」。石臼で挽いたそば粉を使った細打ちの十割そばのツルっとしたのどごしと新鮮なそばの香りもたまらない。食後に提供されるそば湯も風味豊かで体にやさしい。そのほか、地元産の辛味大根を使った「おろしそば」などもオススメ。
 「越畑地域は山あいの地域。水がきれいなのでおいしいそばができる。今後は地元の食材を使って新しいメニュー作りにも取り組んでいきたい」と今後の抱負を語る大西さん。昔なつかしい里山の中、地元にこだわった体と心にやさしい料理を是非味わってほしい。


 

 

天ざるそば
1,560円(税込)
旬の野菜にこだわった天ぷらとコシの強い十割そばは相性抜群


 

そばぷりん
390円(税込)
そば特有のもちっとした食感がたまらない一品


大西恒治代表理事



加工品の販売も行う



開放感あふれる店内


TEL 0771(44)2700
京都市右京区嵯峨越畑鍋浦109-1
11:00〜16:00
 (冬季11:00〜15:00)
火曜定休(祝日の場合営業、翌日休み)
席数 34席
駐車場 約20台
全席禁煙
平均予算 1,500〜2,500円
   
   

 

   
 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる