JAグループ京都はこのたび、府内5JA本店および京都JA会館への無線機器の設置およびアンテナ工事等を行った。
 アマチュア無線にかかる取り組みは、大規模災害発生時の緊急連絡手段を確保するため、平成25年度からJAグループ京都が独自に展開しており、これまで養成課程講習会を5回開催している。また、本年1月には全国のJAグループで初めて、JA京都中央会がアマチュア無線技士養成課程の実施主体として総務省の認可を受けて講習会を開催した。JAグル―プ京都における有資格者数は現在4級107人、うち68人は3級資格も取得している。
 今後、JAグループ京都では、引き続き有資格者の養成に取り組むとともに、各JAでの無線運用にかかる事務体制の確立、交信練習の実施などを通じて、有事に機器を正確に使用し、円滑に情報伝達ができる役職員の養成を進めていくこととしている。


 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる