素材の味を活かしたフレンチ

 「ビストロ エテ」は、JR馬堀駅近く、閑静な住宅が立ち並ぶ亀岡市内に店を構える。オープンが7月であったことから、フランス語で「夏」を意味する「エテ」を店名とし、今年で7年目を迎えた。
 シェフの金子俊隆さんは亀岡出身。学生時代に地元のレストランでアルバイトをしており、従業員の賄いなどを作るようになった頃から、料理に大きな関心を持ち、京都市内のホテルやレストランなどでも修業を重ねた。
 「素材の持ち味を大事にしたい」と語る金子さんは食材選びにこだわっており、とりわけ野菜は、地元産をたくさん使いたいという思いから、「たわわ朝霧」より中心に仕入れている。また、店内の床にはオーク材を使用しており、家のようにくつろげる。金子さんの創意工夫が光る料理と温かみのある店内、リーズナブルな価格などが人気で、ランチ・ディナーを問わず主婦や家族連れ、カップルの憩いの場として賑わっている。
 料理は全てコースで、ランチは3種、ディナーは4種のコースから選ぶ。前菜、スープ、メイン料理いずれも、付け合わせや手づくりのソースにまでこだわっており、金子さんならではの素材の持ち味を活かした味わいが光る。また、地元亀岡の新鮮野菜をふんだんに使った料理はやはり評判が高い。この他、手づくりプリンは新鮮な卵の甘さとバニラビーンズの香り、ほろ苦のカラメルソースが絶妙で、お土産としても人気だ。
 「作り手ではなく、お客様が満足してくれる、シンプルで美味しい料理を作っていきたい」と金子さんは話す。地元産の味わいが満載の優しいフランス料理、足を運んででも味わいたい。


 

 

牛フィレ肉のポワレ 野菜のブレゼとともに
国産の牛フィレ肉に、地元産野菜の香りをまとわせた味わいがたまらない

   

 

聖護院かぶのムース
聖護院かぶを贅沢に使ったムース。かぶ本来の甘みが優しい一皿

   

素材本来の持ち味を大切にする金子シェフ



テイクアウトもできるプリンは絶品 
※要予約


TEL  0771(23)7209
亀岡市三宅町野々神1−65
水曜定休(その他、月1回不定休日)
P5台
18席(貸切時は20席)
全席禁煙
予算  ランチ1,370円〜、ディナー2,400円〜(税別)
   
   

 

   
 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる