京の店

木葉館 MINI ONE

木漏れ日の中いただく自然の恵み
木漏れ日の中いただく自然の恵み

「MINI ONE特製ランチプレート」と「MINI ONE特製オムライス」
※価格は税込み。

 黒豆、くり、マツタケなど、全国にも名の通った農産物の産地となっている京丹波町。今回は、その国道9号沿い、旧瑞穂町に10月3日リニューアルオープンしたカフェ「木葉館MINI ONE」を訪れた。

 同店は、株式会社リライフファクトリーが運営するリゾートエリア「ガーデンヒルズやすらぎの郷」内にあるお店。もともとはセカンドハウス用の分譲地として造成されたこのエリアにはログビレッジが立ち並ぶほか、乗馬クラブや製材所、様々な野菜・果実を収穫できる農園なども併設されており、自然の魅力を満喫できるスペースとなっている。

 お店に入った来店者を迎えるのは、木の温かみあふれるウッディーな店内。部屋の隅に置かれた薪ストーブと窓から見える石釜が自然のやすらぎを一層感じさせる。

ログビレッジに続く路
▲ログビレッジに続く路
木の温かみあふれる店内
▲木の温かみあふれる店内

 そんな同店のイチオシメニューは「MINI ONE特製ランチプレート」。メニューは時々で変わるが地元産の食材にこだわり、近隣の農業法人「妙楽ファーム」や「瑞穂ファーム」から仕入れた季節の野菜や新鮮な卵を使用する。そのほか、「やすらぎの郷」内の農園で採れたハーブや果物なども使い、まさに「丹波の自然の恵み」を存分に味わえる一皿となっている。そのほか、カレーやオムライス、ピラフなどの定番メニューも取り揃えている。

 「来店したお客様と話す時間が私にとっての喜び。お店に来ていただいた全ての方に癒されて帰って欲しい」と話す同店の代表・かめだくみさん。都会の喧騒を離れ、自然との共生を感じるひと時、一度体験して欲しい。

「木葉館MINI ONE」アクセスマップ

TEL 0771(86)1773
京都府船井郡京丹波町井尻松ヶ鼻15-4
10:00 〜 17:00
月曜・火曜定休 Pあり
26席 分煙
平均予算 1,000 円〜 1,500 円

 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる