経常利益が増加

1.組合員数
 府内JAの総組合員数は14万4414人と27年度末より3125人増加した。正組合員数は5万6753人で240人減少し、組合員加入促進の積極的な取り組みの結果、准組合員数は3365人増加の8万7661人となった。
 なお、准組合員比率は60.70%となり、27年度末より、1.04ポイント上昇した。
2.事業量
 貯金は、27年度末比で1.53%の増加となったが、貸出金は0.89%の減少となった。長期共済保有高は、27年度末比1.78%の減少となった。
 購買品供給高は、前年同期比で生産資材は3.33%の減少、生活資材は9.83%の減少となり、全体では5.08%の減少となった。販売品取扱高は、全体で前年同期比4・21%の増加となった。
3.損益
 事業総利益は共済部門で前年同期を上回ったが、信用部門、購買部門、販売部門で前年同期を下回った結果、全体としては1億5400万円の減少(1.60%減)となった。
 事業管理費全体は8600万円の減少(1.07%減)となったが、事業利益は前年同期より6800万円減少した。
 一方、事業外収益が増加したため経常利益は前年同期を上回り、これに特別損失の減少もあり、税引前当期利益、当期剰余金はいずれも前年同期を上回った。

表1組合員数 表2事業量 表3損益


 
■トップへ戻る   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる