京野菜世界ブランド化
プロジェクト

Kyoto Vegetables Global Branding Project Outline

イギリス ロンドンでの事業について

1.事業内容

イギリスの行政関係、マスコミ、流通業者などを招き、京野菜をはじめとした京都府内産農畜産物やその他各府県の魅力的な農産物を使った特別なメニューを振る舞う晩餐会を開催するなど、京野菜等の輸出にむけ、その食材の魅力を広くPRした。

日本側からは、全体で171名が参加した。

  1. ハンプトンコート宮殿での晩餐会
  2. ロンドン料理関係事業者との懇談会
  3. 日本食材提案会

2.ハンプトンコート宮殿での晩餐会

概要
日本・イギリス両国の政府関係者をはじめ、イギリスのシェフ、マスコミ、流通関係者等や日本の京野菜農家などが出席し、日本の美濃吉本店竹茂楼総料理長の佐竹洋治氏が腕を振るった。
日時
平成29年7月18日(火)19:00~ (現地時間)
場所
ハンプトンコート宮殿
参加者
270人

  1. 日本側(138人)

    政府・行政関係の主な出席者

    役職は当時のもの

    所属 役職 名前
    衆議院議員(元農水大臣) 西川 公也
    日本国内閣官房 参与 飯島 勲
    在英日本国大使館 特命全権大使 鶴岡 公二
    在アゼルバイジャン 特命全権大使 香取 照幸
    JETRO北京事務所 所長 坂口 利彦
    CLAIRロンドン事務所 所長 黒野 嘉之
    京都府 農林水産部長 綾城 義治
    亀岡市 市長 桂川 孝裕
  2. イギリス側(132人)
晩餐会
  • ハンプトンコート宮殿
    ハンプトンコート宮殿
  • メインホール
    メインホール
  • 中川会長挨拶
    中川会長挨拶
  • 日本酒での乾杯
    日本酒での乾杯
  • 佐竹氏による料理説明
    佐竹氏による料理説明
  • 組合長による記念品贈呈
    組合長による記念品贈呈
晩餐会 京野菜を使った新しい京懐石

両国のトップシェフが料理を担当した。

例年とは異なり、両国のシェフが料理するのではなく、日本の京懐石を味わってもらおうと美濃吉本店竹茂楼総料理長の佐竹洋治氏が腕を振るった。

イギリス人の口にも合うようにアレンジされた京懐石は、日本人だけでなく、イギリス人招待客の舌をも唸らせた。

オードブル

  • 京山科なす 京みず菜 万願寺甘とうと出しのソース仕立 昆布と鰹節のジュレかけ
  • 手毬寿司 下田茄子 サーモン
  • 京の肉と牛蒡のきんぴら風仕立
  • 九条ねぎの厚焼玉子
  • 胡瓜 あじさいねぎの醤油だれ 海老油焼 串刺し
  • 京の肉とじゃがいもの出し含め煮
サブメイン

  • サーモン幽庵焼
  • 杉板挟み
  • 賀茂なす含め煮
  • 伏見とうがらし
  • 九条ねぎ
メイン

  • 京の肉ローストビーフ 愛彩菜 山葵風味の昆布と鰹節の出しあんかけ胡麻ソース添え
  • 京壬生菜 京みず菜 琵琶湖元気アスパラ 白味噌ドレッシング仕立 ポテトサラダ風味
デザート

  • 宇治抹茶フォンデュ
  • 桜餅 丹波大納言小豆仕立
  • 新丹波黒ケーキ
  • 季節のフルーツ

3.ロンドン料理関係事業者との懇談会

日時
平成29年7月19日(水)12:00~13:30
場所
TOKIMEITE
参加者
日本:8名 イギリス:7名
内容

日本・イギリス両国における食品の貿易の活性化に向け、食品・料理関連事業者を招き、実際に日本の農産物を試食していただきながら意見交換等を行った。

4.日本食材提案会

日時
平成29年7月19日(水)15:00~17:00
場所
TOKIMEITE
参集者
レストランシェフ・流通事業者等23名
内容
日本食材をロンドンの料理店で扱ってもらえるよう普及啓発することを目的に、シェフや卸業者等を招き、京野菜等の食材の料理方法等を佐竹シェフらがデモンスレーションし、試食していただいた。
懇談会でのメニュー

美濃吉本店竹茂楼の佐竹洋治総料理長による京都府内農畜産物等を使った本格京懐石をふるまった。

先付
  • 山科なす
  • 伏見とうがらし
  • 愛彩菜
  • 梅肉ジュレかけ
椀物
  • 蓮根餅 壬生菜 糸人参 柚子 昆布と鰹節の出し仕立て
焼物
  • 賀茂なす 万願寺とうがらし 九条ねぎ 平目
強肴
  • 京の肉 壬生菜 京みず菜 ポン酢
御飯
  • 海老天ぷら 生姜 京みず菜の炊き込み御飯
水物
  • 丹波大納言 りんご 黒豆 抹茶寒天 黒蜜仕立て

About the Project in London, England

1. Project Content

Through events such a holding a banquet where British government officials, the media, distribution stakeholders, etc. were invited to enjoy a special menu featuring appealing agricultural products such as Kyoto vegetables, and Kyoto agricultural products and livestock, as well as items from each other prefecture, the appeal of these ingredients was widely publicized with Kyoto vegetables at the center.

From Japan, a total of 171 people participated.

Hampton Court Palace Banquet
London Food Related Business Person Gathering
Japanese Ingredient Proposal Meeting

2. Hampton Court Palace Banquet

Outline
Japanese and British government officials, British chefs, the media, distribution stakeholders, and Japanese Kyoto vegetable farmers attended the event, where Mr. Youji Satake, the head chef of Minokichi Main Restaurant: Takeshigero got a chance to show off his skills.
Date and Time
July 18, 2017 (Tuesday) from 7:00 PM (local time)
Location
Hampton Court Palace
Participants
270人

  1. Japanese: 138 personsPrimary Government/Administrative Attendees
    Affiliation Position Name
    House of Representatives Member (Former Agricultural Minister) Koya Nishikawa
    Cabinet Secretariat of Japan Advisor Isao Iijima
    Embassy of Japan in England Ambassador Extraordinaire and Plenipotential Koji Tsuruoka
    Azerbaijan Ambassador Extraordinaire and Plenipotential Teruyuki Katori
    JETRO London Office Chief Toshihiko Sakaguchi
    CLAIR London Office Chief Yoshiyuki Kurono
    Kyoto Prefecture Agricultural Department Director Yoshiharu Ayashiro
    Kameoka City Mayor Takahiro Katsuragawa
  2. British: 132 persons
Banquet
  • ハンプトンコート宮殿
    Hampton Court Palace
  • メインホール
    Main Hall
  • 中川会長挨拶
    Greeting from Director Nakagawa
  • 日本酒での乾杯
    Toast with Japanese Sake
  • 佐竹氏による料理説明
    Cuisine Explanation from Mr. Satake
  • 組合長による記念品贈呈
    Souvenir Presentation from the Union President
Banquet  New Kyo-kaiseki Using Kyoto Vegetables

Unlike other years, in order to taste Kyo-kaiseki, the banquet was not prepared by chefs from both countries, but rather Mr. Youji Satake, the head chef of Minokichi Main Restaurant: Takeshigero had the honors of preparing the meal.

The Kyo-kaiseki was arranged to match the flavor palate of not just the Japanese, but the invited British guests as well.

Hors d’oeuvre

  • Kyoto Yamashina Eggplant, Kyo-Mizuna, Manganji Amato and Dashi Sauce, Kombu and Bonito Flakes Gelatin
  • Temari Sushi, Shimoda Eggplant, Salmon
  • Kyoto Meat and Diced Burdock Root
  • Kujo-negi Thick Fried Egg
  • Cucumber, Ajisai-negi Soy Sauce, Oil-Cooked Prawn, Skewers
  • Kombu-Tied Flounder, Ponzu Gelatin
  • Kyoto Meat and Potato Simmer
Sub-Main

  • Cedar Wrapped Salmon Fillets
  • Kamo Eggplant Simmer
  • Fushimi Peppers
  • Kujo-negi
Main

  • Kyoto Roast Beef, Asaina, Wasabi-Flavored Kombu and Bonito Flakes Dashi Syrup Sesame Sauce
  • Kyo-Mibuna, Kyo-Mizuna, Lake Biwa Energetic Asparagus, White Miso Dressing, Potato Salad Flavor
Dessert

  • Uji Matcha Tea Fondue
  • Sakuramochi Tambadainagon
  • New Crop Tamba Black Soybean Cake
  • Seasonal Fruits

3. London Food Related Business Person Gathering

Date and Time
July 19, 2017 (Wednesday) from 12:00 to 1:30 PM
Location
TOKIMEITE
Participants
Japanese: 8 persons, British: 7 persons
Content

Business persons related to food and cuisine were invited towards the revitalization of the food trade for both Japan and England, and opinions were exchanged while sampling Japanese agricultural products.

4. Japanese Ingredient Proposal Meeting

Date and Time
July 19, 2017 (Wednesday) from 3:00 to 5:00 PM
Location
TOKIMEITE
Participants
23 restaurant chefs and distribution stakeholders
Content
Chefs and wholesalers, etc. were invited in order to raise public awareness for the handling of Japanese ingredients in London restaurants. A demonstration on how to handle the food ingredients such as Kyoto vegetables was held by Chef Satake among others, and the ingredients were sampled.
Gathering Menu

Authentic Kyo-kaiseki was offered using Kyoto Prefecture agriculture and livestock, prepared by Mr. Youji Satake, the head chef of Minokichi Main Restaurant: Takeshigero.

Appetizer
  • Yamashina Eggplant
  • Fushimi Peppers
  • Asaina
  • Plum Gelatin
Bowl Dishes
  • Lotus Root Mochi, Mibuna, String Carrots, Yuzu, Kombu and Bonito Flakes Dashi
Grilled Dishes
  • Kamo Eggplant, Manganji Peppers, Kujo Onion, Flounder
Side Dish
  • Kyoto Meat, Mibuna, Kyo-Mizuna, Ponzu
Meal
  • Shrimp Tempura, Ginger, Japanese Ginger, Rice Cooked with Kyo-Mizuna
Seasonal Dessert
  • Tambadainagon, Apple, Black Bean, Matcha Agar, Brown Sugar