JA京都中央ニュース

土壌分析装置を導入

2018.06.25

JA京都中央は、土壌分析装置を導入し、農産物栽培における適正施肥指導や改善、支援を組合員向けに行うサービスを開始した。全国のJAでは、3例目の導入で、近畿圏内のJAでは初となる。

導入した土壌分析装置は、シャープライフサイエンス株式会社が2017年12月に発売したもので、6種類の土壌養分をわずか14分で測定することが可能で、同社の光センシング技術と独自のカートリッジシステムにより試薬の調合作業が不要で簡単に測定できるのも魅力である。

また、各養分量がその場でチャート表示され、作物に適した肥料の種類や施肥量を提案することが可能となる。

6月25日、同JA本店で土壌分析装置の使用方法を同社マーケティング統轄部国内営業部主任の古城泰俊氏の指導により、管内の農産物栽培圃場(ほじょう)から採取した実際の土壌の分析を行い分析方法から運用方法までを学んだ。

当日は、同JAで分析を担当する経済部営農販売課職員のほか、全農京都府本部職員ら12人が参加した。

今後、独自の取扱要領を定めて、順次組合員からの分析依頼に基づき運用していくこととしている。

同JA経済部の伊佐長幸部長は「適正施肥により生産コストの低減と高品質な農産物により農業所得の増大に寄与したい。」と話す。

同JAは、18年4月より経済部営農販売課の体制を技術顧問1人増員し2人体制に強化するなど、組合員の多様化する営農技術相談に対応している。

今回、営農技術相談業務の更なる強化と施肥改善により生産コストの低減、JA事業利用拡大も目的とし、JA共済連京都の農業活性化促進助成金を活用した。

土壌分析装置を導入
土壌分析装置の使用方法を学ぶ職員ら