JA京都市ニュース

富有柿が色づき始める

2018.10.01

JA京都市大枝支店管内の特産である富有柿が色づき始めた。今収穫へ向け大詰めを迎えている。

大枝の富有柿は毎年、10月下旬に収穫が行われる。シーズンになると府道10号線沿いの通称「柿街道」には柿を積んだ直売所に多くの人々が溢れるのが毎年の風景だ。

しかし、今年の富有柿は酷暑や、近畿地方を直撃した台風の影響で多大な被害を受けた。強風により葉や実が落ち、実が枝や葉にこすりつけられ傷ついた。葉が落ちると、実に栄養が行き届かず大きくならないため、その対策に生産者たちは他の実を落とし、残った実に栄養を集中させた。農家はこのような工夫をしてこの困難に立ち向かった。

そして、9月下旬に緑の富有柿がオレンジ色なり、いよいよ柿シーズン突入となる。直売所によっては小売り販売の他、贈り物などの地方発送も行われる。

富有柿が色づき始める
色づき始めた大枝特産の富有柿