JA京都中央会ニュース

2018年度JAコア人材育成研修会(JAグループ京都未来塾)修了式

2019.01.23

JA京都中央会は1月23日、2018年度JAコア人材育成研修会(JAグループ京都未来塾)の修了式を京都市南区のマリアージュ・グランデで開き、10期生25人が約10カ月間の研修課程を修了した。修了式と併せて成績優秀者の表彰も行い、最優秀賞にはJA京都にのくにの前田直幸さんが選ばれた。

同研修会は将来のJAグループ京都の中核を担う人材(コア人材)を育成することを目的に毎年実施しているもの。カリキュラムでは、講義やグループワーク形式で経営・財務・マーケティング・組織マネジメント・プレゼンテーションなど、多岐にわたる内容を研修した。

修了式のあいさつで、JA京都中央会の藤本伸幸参事は「第28回JA京都府大会の大会決議を踏まえ、時勢をしっかり捉えた攻めの姿勢で取り組むことが重要。JA運動の中核を担っていく皆さんに期待する」と激励。

また、同研修会の塾長を務める滋賀県立大学名誉教授であり立命館大学招聘教授の増田佳昭氏は記念講演の中で「『改革』が問われる厳しい転換期だが、自分の仕事を点検し、新しい時代でもチャレンジしてほしい」と修了生の今後の活躍に期待を込めた。

成績優秀者による修了プレゼンテーションも行われ、発表者は列席した各組織の代表者を前に堂々と発表した。

最優秀賞を除く成績優秀者は次の通り()内はJA名。

▽優秀賞=神山茜(京都中央)、井尻喜隆(京都信連)▽塾長賞=長主久美(京都)、奥野智司(京都にのくに)▽奨励賞=奥田弥生(京都市)、田中政彦(京都やましろ)、松村雄大(京都)

2018年度JAコア人材育成研修会(JAグループ京都未来塾)修了式
JAコア人材育成終了生と塾長(下段中央)、来賓