JA京都市ニュース

JA京都市「はんなり号」新春の都大路を駆ける

2019.01.17

JA京都市の金融移動店舗「はんなり号」が1月17日、都大路を駆け巡り、多くの人々からの視線を集めた。市街地を走ることは初めての試み。京都市民の多くに同JAのキャラクター「京香さん」の笑顔を届けた。同JAでは大半が市内周辺部に店舗を構えている。より多くの方にはんなり号を知ってもらうため、八坂神社をはじめ市内名所を巡った。

はんなり号は昨年5月、同JA管内の越畑・水尾地域の金融サービス提供を目的に配備された。金融サービスの提供だけでなく、大規模災害時の被災地支援にも活用される。府内JAに限らず近隣府県で被災したJAにはんなり号を派遣し、地域貢献の使命を果たしていく。この日は、阪神淡路大震災から24年を迎えた日。金融移動店舗のさらなる機能発揮が今後期待される。

JA京都市「はんなり号」新春の都大路を駆ける
都大路を駆け抜けた「はんなり号」