多年にわたって府内の農林水産業および農山漁村の振興と発展に功労のあった個人と団体を表彰する「平成27年度京都府農林水産業功労者表彰」などの表彰式典が、京都府主催のもと11月29日に京都市伏見区の京都市総合見本市会館で開催された。
 農林水産業功労者表彰では個人32人と5団体が表彰された。JA京都中央の冨阪裕一代表理事組合長、JA京都やましろの豊田勝代理事、JA京都にのくにの林三弘副組合長理事など府内JA関係者も多数表彰を受けた。また、団体役員表彰では冨阪組合長が受賞者を代表して表彰状を受けとった。
 39歳以下で農林水産業の経営改善や地域の活性化に積極的に取り組む若手農林漁業者をたたえる「京都府若手農林水産漁業者表彰」では、個人29人(うち夫婦3組)が表彰された。
 伝統的に受け継がれてきた技術・生活技能の優れた保持者を認定する「京都府農山漁村伝承技能認定」では、農・山・海の「匠」として8人が認定された。
 式典には京都府の山下晃正副知事やJA京都中央会の中川泰宏会長なども出席した。来賓祝辞で中川会長は「京野菜の世界ブランド化や生産基盤の強化を通じ、JAグループ京都は農家の生産活動を全力でサポートしていく」と力強く語った。
 受賞団体と表彰・認定者は、次の通り。

◎平成27年度農林水産業功労者表彰(11月28日表彰)
▽農林水産業者=大嶋昭治(京丹波町)、大橋加津子(京都市)、煖エ壽次(長岡京市)、田中元子(八幡市)、團野誠(舞鶴市)、辻実智之(京都市)、辻四一郎(宇治市)、中北政子(宮津市)、中嶋のぶ子(京都市)、中山宇一(向日市)、西口敏明(京丹後市)、藤村幸二(亀岡市)、眞継公哉(亀岡市)、森田俊(城陽市)、安田和幸(京丹後市)、安田武明(与謝野町)
▽技術改良・伝承・研究者=大槻孝宏(綾部市)、桑原秀樹(宇治市)、中村梭黶i八幡市)、山口侑夫(京丹波町)
▽団体役員=奥田定雄(宇治市)、山照雄(福知山市)、木曽則雄(亀岡市)、木村貞志(京都市)、四方孝(亀岡市)、瀧井傳一(京都市)、辻井博樹(京都市)、冨阪裕一(京都市)、豊田勝代(八幡市)、林三弘(舞鶴市)、松尾純一(精華町)、吉田亘宏(伊根町)
▽団体=株式会社鎌谷(京丹波町)、京都府養蜂組合山城支部(城陽市)、京都やましろ農業協同組合宇治田原町茶業部会(宇治田原町)、田原農産加工グループ(宮津市)、福知山市土地改良区(福知山市)

◎平成27年度若手農林漁業者表彰(11月28日表彰)
▽農林水産業部門=岩井智也(伊根町)、上杉篤(八幡市)、江口滋基(宇治市)、越江昭公(京丹後市)、大南直也・大南百合子(京都市)、尾谷哲治・尾谷美智江(京丹後市)、小畑喜和(京都市)、阪本浩一(久御山町)、渋谷昌樹(八幡市)、城下和彦(京丹後市)、杉浦美穂(京丹波町)、杉山裕亮(京丹波町)、西川誠司郎(長岡京市)、川吉之(八幡市)、能瀬裕宜(長岡京市)、橋本洋市(京都市)、八田和泰(亀岡市)、日方洋(京丹後市)、人見武瑠(亀岡市)、村尾智史(舞鶴市)、村上真吾・村上典子(南丹市)、山風T一(舞鶴市)、吉岡敬生(宇治市)、渡辺哲(綾部市)
▽農山漁村活性化部門=柴田孝洋(伊根町)、清水俊秀(綾部市)

◎平成27年度京都府農山漁村伝承技能認定者(11月28日表彰)
▽農の匠=松尾義平(京都市)、宇津弘三(長岡京市)、内藤定夫(南丹市)、由里譽(舞鶴市)、井上喜久治(京丹後市)、田邉榮志(京丹後市)
▽山の匠=尾島俊明(京都市)
▽海の匠=泉一次(伊根町)


表彰を受けた冨阪組合長



 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる