京の店

大傳月軒

歴史感じる風情の中いただく本格中華
歴史感じる風情の中いただく本格中華

「定番家常菜」と「四川マーボー豆腐」
※価格は税抜で、ランチ時の価格。

 四条木屋町を少し下がったところ、古い洋館と町家が連なった独特な雰囲気の中に佇むのが今回のお店「大傳月軒」だ。季節の京野菜を使った中華料理のお店で、著名人にも多くのファンを持つ人気店となっている。

 同店に来てまず驚くのは風情あふれる店内の雰囲気だ。京都の町家風の部屋もあれば明治・大正期の洋館の雰囲気を残す部屋もあり、来るたびに新しい魅力が発見できる。調度品にも古いものが多く、昔懐かしい雰囲気を楽しみに来られる方も多いという。

 そんな同店で来店客と軽快なトークを繰り広げる「名物料理長」が海老名健二さん。京都府の出身で、高校卒業後、調理師の専門学校で料理を学び、人の縁あって中華の道へ。その後、ホテルや料理学校の先生など様々な経験を経て現在に至る。

こだわりの一皿を提供する海老名料理長
▲こだわりの一皿を提供する海老名料理長
本格中華を歴史感じるレトロな空間で
▲本格中華を歴史感じるレトロな空間で

 多くの人気メニューがある同店で、料理長のイチオシは「四川マーボー豆腐」だ。熱々の鉄鍋で提供される一皿には、辛味の中にも抜群の旨みが。価格もランチセットで1,000円とリーズナブルなのがさらに嬉しい。辛さがあまり得意でない方も、一度食べる価値アリの絶品だ。そのほか、3種類の特製お弁当も見逃せない。一番人気の「定番家常菜」は東披肉(豚の角煮)、にら饅頭、魚の香味揚げなど6種のおかずにご飯・スープ・デザートのセットランチが1,800円と大満足の一品となっている。

 「厳選した素材を調理し、最もおいしい状態で料理をお客様の口に届けたい」とこだわりを語る海老名料理長。京の風情に囲まれて食す絶品中華、自信を持ってオススメしたい。

「大傳月軒」アクセスマップ

TEL 075(353)9021
京都市下京区美濃町173
ランチ  11:30 〜 15:00(L.O.14:00)
ディナー 17:00 〜 23:00(L.O.22:00)
定休日なし Pなし
105 席(個室8室) 分煙
※個室は喫煙可。1階に喫煙所あり
平均予算 ランチ  1,000 円〜 2,000 円
       ディナー 4,000 円〜 5,000 円

 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる