JA京都府女性組織協議会(JA京都府女性協)は4月27日、京都JA会館で第64回通常総会を開催し、府内のJA女性部員ら約70人が出席した。総会では平成27年度事業計画や役員の改選など全5議案について審議・承認した。
 任期満了に伴う役員の改選では、会長に松田育子さん(JA京都やましろ女性部)を選任。副会長には今井澄子さん(JA京都市女性部)と西田かな江さん(JA京都女性部)を選んだ。
 また、平成27年度事業計画では@地域・くらしを軸とした活動A組織の活性化をはかる活動B女性パワー発揮ですすめる協同活動、の3つを重点活動事項として取り組むこととした。食と農を基軸とした各種活動や次期3か年計画の策定、部員拡大運動、JA運営への参画等に積極的に取り組む。
 新会長に選ばれた松田さんは「新役員の心をひとつにして府内JA女性部の活性化に向けて活動を充実させていきたい」と今後の女性部活動への意気込みを語った。
 その後行われたリーダー研修会では文芸アナリストの大金義昭氏を講師に、女性部活動を通じた協同の取り組みの重要性について学習した。
 選任された役員・顧問は、
▽会長=松田育子(JA京都やましろ女性部)▽副会長=今井澄子(JA京都市女性部)、西田かな江(JA京都女性部)▽理事=樹下ちえ子(JA京都市女性部)、志渡岡志津子(JA京都中央女性部)、古谷幸江(JA京都やましろ女性部)、大澤咲子、田井達子、白数清子、片山栄子(以上JA京都女性部)、五屋美智子(JA京都にのくに女性部)▽監事=村上静美(JA京都中央女性部)、林佳代子(JA京都にのくに女性部)


松田新会長(中央)と新副会長・監事の皆さん



 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる