ホルモンの旨味たっぷり絶品焼うどん
 兵庫県佐用町のご当地グルメとして、今や全国的にも人気の高いホルモン焼うどん。それを、京都で本場さながらのつけ麺スタイルを楽しめる店が「京都ホルモン焼うどん 田中」だ。
 代表の田中等さんは、その佐用町の出身。ホテルのレストランなどで腕をふるっていたが、故郷の名物の美味しさを京都の人たちにも知って欲しいとの思いで、同店を一昨年の12月にオープンした。
 看板メニューの「和牛ホルモン焼うどん」は、ホソ、テッチャン、レバーなど新鮮な国産牛ホルモンをふんだんに使用し、本場・佐用町から仕入れたうどんと豪快に焼き上げた一品。ホルモンの旨味をたっぷり吸い込んだうどんを、醤油にんにくダレと味噌一味ダレ、おろし柚子をあわせたつけダレでいただく。
 田中さん独自の下処理により、普段はホルモンが苦手な人からも、「ここのホルモンは臭みもなく、本当に美味しい」と評判だ。本場ならではのつけ麺風で、ホルモン焼うどんを楽しめる店は京都で同店が初めてということも伴い、近隣で働くサラリーマンなどから高い人気を博している。また、鉄板で焼き上げた野菜をディップしていただくバーニャカウダなど、フレンチ出身の田中さんの技が光る各種鉄板メニューも充実している。
 田中さんは「お客さんに楽しいひと時を過ごしてもらえるよう、美味しいホルモン焼うどんを提供していきたい」と笑顔で話す。そんな熱い思いがこもった、本場ならではのつけ麺スタイルのホルモン焼うどんが、ここ京都でも大人気の一品となる日が待ち遠しい。

 

 

店長おすすめ 和牛ホルモン焼うどん 
1,300円(税込)
4種類以上の国産牛ホルモンを用いた看板メニュー。特製つけダレでさっぱりといただく

   

 

焼き野菜のバーニャカウダ 
700円(税込)
火入れも絶妙な野菜と香り高いソースとの相性は抜群。思わずお酒が進む味わい。

   

本場の味を京都で提供する田中シェフ



照明もシックなカウンター席)


TEL  075(451)3633
京都市上京区下長者通油小路西入紹巴町26番地 フラット長者町1階
17:30〜24:00(23:00 L.O)
毎週月曜、第1・第3火曜
Pなし(近隣に有料Pあり)
座席数 18席(カウンター8席・テーブル10席)
禁煙(店外に喫煙スペースあり) 平均予算 2,000〜3,000円
   
   

 

   
 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる