目標必達に全力注ぐ 中川会長が訓示第8期生

幹部職員に対して訓示
▲幹部職員に対して訓示

 JA京都中央会・各連合会の中川泰宏会長は4月1日、平成28年度を迎えるにあたり、中央会・各連合会、関連団体の幹部職員約100名を対象に、訓示を行った。

 中川会長は、「本日は改正農協法が施行され、JAグループは新たなスタートを切ることになるが、農業・農村・JAをめぐる情勢は一層厳しさを増すことが想定される。このような状況下であるからこそ、組合員・JAからの負託に応えるべく、我々は総力を結集して、各事業の目標を必ず達成していかなければならない。そのためにも、ここに集まった幹部職員が中心となり、部内・課内のマネジメントを徹底し、目標の必達に向けてまい進していただきたい。私も先頭に立って全力を尽くしていく」と力強く訓示を述べた。

 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる