アイキャッチ

新茶とふれあう 宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い

 立春から数えて88日目の5月1日、「宇治新茶・八十八夜茶摘みの集い」が宇治市の宇治茶会館・茶業センター茶園および茶業研究所で開催され、6000人が来場した。
 このイベントは、宇治新茶の本格的生産を迎える八十八夜の日に、宇治茶に感動し、親しみ、理解を深めてもらうことが目的。(公社)京都府茶業会議所、京都府茶生産協議会など全4団体の主催により毎年開催されている。
 開会式では、主催団体や京都府、JA京都やましろなど関連団体の代表者によるテープカットが行われ、伝統衣装を身にまとった「宇治茶レディ」らとともに、玉露茶園での新芽の手摘みを行った。
 会場では、茶摘み体験やお茶の淹いれ方教室、抹茶の碾ひき臼体験やふるさと産品の展示即売会も行われ、終日賑わっていた。来場者は、京都が世界に誇る宇治茶の魅力を存分に味わうなど、宇治茶を強力にPRした1日となった。

テープカットで開会
▲テープカットで開会

  • 新茶を手摘みする宇治茶レディ
    ▲新茶を手摘みする宇治茶レディ
  • 宇治茶会館に隣接する茶園
    ▲宇治茶会館に隣接する茶園
  • 地元中学校ブラスバンド部の演奏
    ▲地元中学校ブラスバンド部の演奏
  • ゆるキャラも宇治茶をPR
    ▲ゆるキャラも宇治茶をPR
  • 親子で楽しく茶摘み体験
    ▲親子で楽しく茶摘み体験
  • 手揉み製茶を楽しむ
    ▲手揉み製茶を楽しむ
  • ホットプレートで手軽に製茶体験
    ▲ホットプレートで手軽に製茶体験
  • 賑わうJA京都やましろ女性部のブース
  • 賑わうJA京都やましろ女性部のブース

▲賑わうJA京都やましろ女性部のブース▲

  • 製茶の工程を学ぶ
    ▲製茶の工程を学ぶ
  • 外国の方にも宇治茶は人気
    ▲外国の方にも宇治茶は人気
  • 宇治伝来の茶品種を保存する「遺伝資源保存園・採梢園」
    ▲宇治伝来の茶品種を保存する「遺伝資源保存園・採梢園」
  • 抹茶の碾き臼体験
    ▲抹茶の碾き臼体験
  • 好天に恵まれ多くの人で賑わった
    ▲好天に恵まれ多くの人で賑わった
 
■トップへ戻る   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる