京の店

カーサビアンカ

京の「隠れ家」でいただく絶品イタリアン
京の「隠れ家」でいただく絶品イタリアン

「ボッタルガ」と「馬肉のタルタル」
※価格は税込み

 南には御所、北には同志社大学のキャンパスを望み、京都らしい雰囲気を漂わせる寺町今出川周辺。そんな場所で20年以上の歴史を刻んできたイタリアンの名店「カーサビアンカ」を訪れた。

 オーナーシェフの那須昇さんは学生時代に行った洋食屋でのアルバイトをきっかけに料理の道へ。京都のイタリアンの草分け「フクムラ」に勤めた後、本場イタリアに渡って修行を重ねた。帰国後は料理人が集い、研鑽を深める「京都イタリア料理研究会」の代表も務めた。

 そんな那須さんこだわりのお店は奥に長い京都らしい造り。明治時代に建てられた米蔵を活かし、変化に富んだレイアウトに。入り組んだ形でまさに「隠れ家」的な雰囲気が味わえる。常連客の希望で設置したという4席だけのカウンターも準備されており、お一人様にも嬉しい。

落ち着いた雰囲気の店内
▲落ち着いた雰囲気の店内
 オーナーシェフを務める那須さん
▲オーナーシェフを務める那須さん

 そんな同店の人気メニューは自家製手打ちパスタの「ボッタルガ」。太くもっちりしたパスタの食感にカラスミの塩味とニンニクの香りが絶妙にバランスする。「馬肉のタルタル」は熊本産の馬肉に新鮮野菜を添えて。ソースの酸味が肉と野菜の甘みをさらに際立たせる一品だ。そのほか、昼・夜のコースに多彩なワインも取り揃え、用途に合わせて利用できる。

 「新しいことにチャレンジしながら美味しい料理をお客様に提供し続けていきたい」と語る那須シェフ。昨年には富小路四条に2号店となる「アル ソニャトーレ」をオープンし、さらなる挑戦を続ける同店の動向に、今後も目が離せない。

「カーサビアンカ」アクセスマップ

TEL 075(241)3023
京都市上京区今出川通寺町西入大原口町214
ランチ   12:00〜14:00(L.O.)
ディナー 17:00〜21:30(L.O.)
月曜定休(祝日の場合は翌日)P3台 40席 禁煙
平均予算 ランチ  1,900円〜4,200円
       ディナー 6,000円〜10,000円

 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる