京の店

金の豚

皆々に、笑顔届ける笑い豚
皆々に、笑顔届ける笑い豚

ラーメン 700円、焼きめし(スープ付)550円
※価格は税込み

 老若男女を問わず愛される日本の国民食・ラーメン。中でもラーメンの激戦区として全国に名を馳せるのが、ここ京都。そんな京都の地にあって、今回紹介するのは旧京都JA会館のほど近く、十条油小路を下がったところに店を構える「金の豚」だ。店主こだわりの味を追い求め、生み出す珠玉の一杯は来店者の舌と心をわしづかみにしている。

 訪れる来店客を出迎えるのはカウンターに置かれた招き猫ならぬ、「招き豚」。なんとも印象的な店名は、店をリニューアルした10年前が、中国の暦で60年に1度の「金豚年」という縁起の良い年であったことからだとか。

 同店を経営するのは店主の寺田芳廣さん、この道27 年のベテラン職人だ。今年3月から経営を引き継ぎ、厨房に立ちつつ最高の一杯を届けるべく試行錯誤を重ねる。

「 招き豚」が来店客をお出迎え
▲ 「 招き豚」が来店客をお出迎え
開放感あふれる店内
▲ 開放感あふれる店内

 そんな寺田さんオススメの一品は、こだわりぬいたスープが自慢の特製「ラーメン」。あっさりめの豚骨しょうゆスープと、ツルッとした食感の麺が絶妙に絡み合う。また、寺田さん自ら鍋を振る「焼きめし」も見逃せない。こま切れチャーシューを使用した具と米が口の中でほろりと崩れては混ざり合う。一品ごとのボリュームも多く、お得なセットメニューは餃子セット・から揚げセットなどの5種が一律950円と懐にも優しい。
 「何よりもお客さんが笑顔で帰ってくれることが一番の励みであり喜び。今後も試行錯誤を重ね、全てのお客さんに満足してもらえる味を追求していきたい」と笑顔を見せる寺田さん。店主のこだわりが随所に光る絶品ラーメン、京都一円にその名を轟かせる日も近い。

「金の豚」アクセスマップ

TEL 075(671)7999
京都府京都市南区西九条柳ノ内町83-4
ぷらむビル1F
11:00〜17:00
日曜定休
Pなし
26席
11:00〜13:30禁煙
13:30〜17:00喫煙
平均予算 約1,000円

 
■トップへもどる   ■バックナンバーにもどる   ■前のページへもどる   ■閉じる